トップページ/会社概要

日本からカナダへ輸出を検討してる皆様へ

カナダ国内で日本製の人気が急上昇しているわけとは?最近では世界的に日本製の商品はとても人気になっています。弊社では主に日本からカナダへ貿易業務で日本製品をカナダに輸入したいという方々へ向けて通関業務やロジスティクスの知識や通関業務のサービスを提供しています。

(1)カナダでよく輸入されている日本製とは?

下記のデータによると、日本からの輸入品は車などの電子関連が多い事が分かります。ただし、ここ数年では日本のアニメなどのポップカルチャーなどにも人気が出てきているようです。またその勢いはかつてない規模になっているようです。

弊社では日本車の車の部品からアニメやポップカルチャー類の商品を日本からカナダに輸出する事業主様にたいしてカナダ国内で過去10年以上の経験から最も早く、リーズナブルな価格でカナダ国内へ輸入するサービスのお手伝いをしています。

Canada Imports from Japan - 2023 Data 2024 Forecast 1989-2022 Historical
Canada Imports from Japan was US.14 Billion during 2022, according to the United Nations COMTRADE database on interna...

(2)日本製の売り上げのデータ

下記の統計のデータから紹介するとカナダが日本から輸入する金額は大体ですが1兆円の規模になります。これはカナダ全体の4%の金額になるみたいですね。また将来的にも有望な取引国のうちの1つで堅調に推移していくと予想されています。

しかも、日本はカナダとの貿易額は上から数えて5番目に多い水準です。これでも、90年代に比べて貿易量が減ったと言うことですから、ビックリするくらい大きなトレードパートナーだということが分かりますね。

Canada's Top Imports 2022
Canada's top imports in 2022 plus best international trade suppliers & searchable listings under the most valuable Canad...

またカナダ統計局によると堅調に推移していくという予想が出ています。こちらは主にカナダ国内で日本製品の人気が高くなってきているということになりまうす。

Canada Imports from Japan - 2023 Data 2024 Forecast 1989-2022 Historical
Canada Imports from Japan was US.14 Billion during 2022, according to the United Nations COMTRADE database on interna...

(3)日本製の需要とこれからについて

30年ほどの過去である1990年代の日本は主に車などの機械製品を海外に輸出していました。しかし、アメリカや新興国などの台頭によって日本の機械分野の輸出は年々減りつつあるというデータが出ています。

しかし、その反面において過去30年間、あまり人気のなかった日本のポップカルチャーや日本の食料品などの輸出額が上がってきているという現状があります。特にノンアルコール類であるお茶や豆乳などの飲み物や牛肉などの肉製品からホタテのような魚介類のような食品まで人気が出てきています。

また世界的な飲食にたいする健康志向のトレンドがこれからも続いてくとする記事が多いのは事実で、カナダも日本製品の人気が高い状況が続いていくと予測されています。

ジェトロ調べ

鈍さ続く日本の輸出、輸出先の多角化で下支えを | 分断リスクに向き合う国際ビジネス - 特集 - 地域・分析レポート - 海外ビジネス情報
鈍さ続く日本の輸出だが、食料品や雑製品などでは上向く動きも確認される。輸出数量が伸びた商品で共通してみられたのは、輸出先の多角化、分散化だ。円安基調が続く足元は輸出先の多角化、分散化を進める良い機会ではないだろうか。

写真引用元

Just a moment...

会社概要について

会社名:CANADA TAX & CUSTOMS

所在地:92 Homedale Dr, Toronto, ON M1V 1M2

設立年月日:2023年9月1日

事業内容:カナダの通関ならびに会計業務

代表者名:NAOKI KOJIMA(共同経営)

タイトルとURLをコピーしました